今日の飯

溶岩焼ステーキ&お肉のせごはん MEAT THOUSAND

溶岩焼ステーキ&お肉のせごはん MEAT THOUSAND

藤が丘の高架下の並びにひっそりと?爆誕していたミートサウザンド、、肉系の店ですナ。多分、「やっぱりステーキ」とかあの辺を意識しているじゃないかと思われます。

で、

店の外のメニューしか撮ってなかったンゴwww

最安で1,000円(込1,100円)でした。なんかいろいろ種類があるんすけどMAX1,800円みたいです。ただ、量の設定がありまして。

  • 1,000円 / 500円
  • 1,200円 / 600円
  • 1,600円 / 800円
  • 1,800円 / 900円

こういう根付けなんですが、この / で区切った数字は何かというと1,000円の肉ならベース1,000円となり、ダブル1,500、トリプル1,800円という感じで上がっていきます。トリプルはちょっとお値打ちになっているんですが、「おかわり肉」というのが設定されておりまして、シングルで頼んでてもちょっと足りねえなとなった時に1,000円のメニューなら500円を追加すると、おそらくもう1回食べられるらしいです。ただ、私はおかわりしてないので同一の量なのかどうかはわかりませんが。

ステーキとは別に「牛ひつまぶし」「ローストビーフ丼」(各1,000円)というのが設定されています。まとにかく税込1,100円を握りしめておけばとりあえずはokですがカードは使えない事が強調されています。

私のオーダーは「上ロースシングル(1,000円)」ではありますが、上の方みてもらうとわかるけどライスとかサラダバーとかスープバーとかがセットに含まれています(これはひつまぶしやローストビーフ丼にも付くらしい)。つまり、税込1,100円で飯は食い放題って事になるわけで、これはなるほど学生さんとかに向けてる感じもあるのかなという印象ですナ。

肉はレアどころではない感じです。何か肉冷たいし。多分、それなりに焼いた方が絶対いいだろって感じがします。そもそもレアだのローストビーフだのってのは内部55度くらいは熱入ってるんですが、これは…表面だけしか焼いてないかな?

ただまあこの溶岩プレートみたいなので自分で焼いて仕上げた感じ、脂身をほとんど感じずいい感じの値段なりのうまさでした。ま、その他の飯とかスープとかの費用を考えると肉自体は相当コスパに寄ってるんでしょう。

この手の店の流行りなのか、ソースはとにかく種類で攻めてきます。CALLの上にのってるのはわさびです。そしてお会計は自分でバーコードを読み取らせて精算機で銭を放りこんで終わり。

まとめ

という事で1,100円だかを持ってなんか肉くいてーなという感じのテンションの時に気軽に入って何も言わずに清算して出てくるという、極めてファストフード感のあるお店で、格式とかを求めるものじゃないようです。肉は非常にハイコスパであるもの、値段なりの味が出ており、良い入荷ルートでも持ってんのかなーとか思ったりしましたが、まあそれはさておき「悪くはない」という所に尽きる感じはしました。なんといっても高くはないが最低1,100円ですんで、それをどう考えるかという所でしょうか。ごちそう様〜